婚活

障害者の恋人探しの方法5選|本当に出会えるマッチングアプリや結婚相談所を使うべき

たかしくん
たかしくん

恋人がほしいけど障害者がどうやったら恋人ができるのか知りたい…

今回はこんな悩みを解決します!

障害者の方にとって恋人探しは健常者と違うので難しいです。

レン
レン

ただ障害者にオススメの恋人探しの方法を知れば恋人ができやすくなります!

この記事では障害者におすすめの恋人の探し方を解説します。

本記事を読むことで障害があっても恋人ができる方法が分かります。

恋愛に悩む障害者はぜひ最後まで読んでください!!

レン
レン

1人で自分の恋愛傾向や理想のパートナー像を知るのは難しいでしょう…オーネットの無料テストならたった2分の申込で実際の会員データから理想のパートナー像がメールで届きます!

  • 実際の会員データから無料で自分にピッタリのパートナー像が分かります。
  • オーネットへの入会不要
  • 仮に無料診断を利用しても、しつこい勧誘の心配は不要です。
  • 理想のパートナー像を知ると今後の婚活に有利になる。
無料の結婚チャンステストでは2分で理想のパートナーが分かります。

■発達障害者さんにおすすめの恋人ができるマッチングアプリ

  • 真剣な出会いを求める方が多く恋活/婚活として利用される
  • 16秒に1組マッチングして平均3ヶ月以内にカップルになる
  • 一部機能を除き男女共に無料
  • 発達障害者に理解のあるコミュニティがあるので発達障害者を理解してくれる恋人探しが見つかる。
  • 当サイトの人気No.1

障害者の恋人探しでやってはいけないこと

レン
レン

まずは障害者が恋人を探すときにやってはいけないことを紹介します。

  • 相手に依存しすぎない
  • 付き合ってからも障害をカミングアウトしない
  • 1人で活動する

相手に依存しすぎない

障害を抱えている方は、様々な経験から自分に自信を持ちにくいと言われています。

そして自信が欲しくて恋愛に依存することも多いようです。

相手への依存心は何らかの形で相手に伝わる事が多く、お互いにリラックス出来る関係でありたいはずが、逆に負担と緊張を与えてしまい関係が悪くなってしまうケースがあります。

さらに恋愛依存になりやすい方は、相手に受け入れてもらうために最大限の努力をする傾向があるようです。

しかし、相手に認めてもらえない、関心を持ってもらえないといった場合には、自分の努力が報われずに強い不満を抱くようになってしまいます。

チェックポイント

お互いがありのままの姿でいられる関係性を築きあげられるように、相手へ依存しすぎないよう意識することが大切!

レン
レン

お互いが心地よくいられる環境の延長線上に、“恋愛”があると考えるようにしましょう。

付き合ってからも障害をカミングアウトしない

障害を抱えている方が、パートナーに自分が障害者であることをカミングアウトしないケースは実際に多くあります。

理由として以下のことが挙げられます。

  • 伝えても理解してくれないと思うから
  • 相手との関係が悪くなりそうだから
  • 相手に心配をかけてしまうのが嫌だから

カミングアウトすることは、とても勇気のいることですよね。

しかし、カミングアウトをしないままでいると苦しい思いをするのはご自身です。

偽りの自分を演じたり、無理をしたりバレないように頑張りながら、生涯パートナーと共に歩んでいくことになります。

カミングアウトをすることで、相手の方がその特性を理解してくれて、適切な関わりや日常生活における援助などをしてくれる未来を考えてみるとどうでしょうか。

障害者であることを隠している中で、ある日ふとバレてしまった場合には、「騙された」「聞いてない」などと言ったトラブルに繋がってしまうケースもあります。

お付き合いをする前に予め自分には障害があることを伝えたり、または交際後、信頼関係が深まってきてからカミングアウトをすることをおすすめします。

レン
レン

パートナーも障害の特性を知って理解すれば、お互いが困らないように工夫することが出来ます。

1人で活動する

障害の有無に関わらず、恋人探しや婚活などを一人で活動しようと思うと、すぐに結果を出すことは難しいかもしれません。

日常生活の制限がある障害者は、健常者と比べて出会いが少ない傾向にあります。

1人での活動となるとさらに制限や幅が狭くなってしまう為、友達に合コンをセッティングしてもらったり、結婚相談所などをうまく利用して、周囲の手を借りることをおすすめします。

ただし、1人でも出来ることとして、以下のようなことが挙げられます。

  • 見た目を整える
  • コミュニケーション能力を磨く
  • 健康的な生活習慣を心掛ける
  • ポジティブなことに目を向ける

上記の内容は、基本的に自分磨きやスキルアップになります。

出会いや恋人探しだけにスポットを当てるのではなく、いざ気になる人ができた時に少しでも自分を良く見せられるように、日頃から自分磨きなどの努力をしてみましょう。

レン
レン

外見だけでなく内面にも自信を身につけていけると良いですね。

障害者同士の恋愛は負担になるかも

障害者同士での恋愛や、結婚をしている方たちは世の中には多くいます。

出会いの場として、特別学級や作業所などが挙げられ、同じ障害を持ったもの同士、解り合いやすいといったことから、お付き合いがスムーズであることも多いようです。

ただし、どの程度の障害があるかにもよりますが、障害者同士の恋愛となると周囲の人の協力が必要になる場合も多いと言われています。

いずれ結婚をした際、子育てや教育、仕事や収入面など、夫婦だけで行っていくことは難しい可能性もあり、結果的に周囲の協力を得ないといけない状況になることがあります。

また、障害者同士、同じようなことでお互いにつまずいてしまったり、お互いをサポートしあえなくなって共倒れしてしまうケースもあるかもしれません。

症状が安定していたり、生活の基礎が出来ているのであれば良いですが、症状が悪化したり、生活の仕方が身につかないなどといった場合は、お互いに少し負担を感じてしまうかもしれません。

チェックポイント

障害について理解ある健常者の方であれば、自身の苦手なことのサポートや適切な対応などを意識して関わってくれることで、安心して共に生活することが出来るかもしれません。

レン
レン

障害の有無に限らず、2人で支え合っていければ問題はありません。

障害者の恋人探しの方法

職場や学校

職場や学校は、障害者の出会いとしてはとても最適な場所だと言われています。

なぜかというと、職場や学校では日常の中でお互いの普段の姿を既に見ることが出来ているためです。

既に周囲に自身が障害を抱えていることを周知されている状態であれば、それを承知の上で自分のことを見てくれているはずです。

一方で、自身が障害を抱えていることを周囲の人たちが知らない状況であったとしても、ありのままの姿を相手の方は見ていることになります。

万が一交際に至り、障害を持っていることをカミングアウトしたとしても、ありのままの姿を好んでくれてお付き合いされている訳ですよね。

そのため、少なからず驚かれるかもしれませんが、それを理由に破局してしまうようなことはないのではないでしょうか。

また、職場や学校では、当然多くの人たちがいるので、幅広い方たちの中から好みの人を見つけることが出来ます。

気になった人がいる場合には、少しずつアプローチをして関係を深めて行くところから始めてみましょう。

レン
レン

職場や学校で毎日会うことから、気になる相手の性格などを深く知ることが出来ますね。

合コン

出会いの王道といえば“合コン”というイメージを持つ方が多いかもしれません。

合コンの場合は、友達がセッティングしてくれるケースが多く、趣味や年齢層が合いそうな人を集めてくれるため、出会いの場としては最適とも言えるでしょう。

また、障害に理解をしてくれなさそうな人を呼ぶことは友人としてもしないでしょうから、安心して参加することが出来ます。

合コンで出会いがなかったとしても、さらにそこから“次は他のメンバーで合コンしましょう”など、次への出会いの場が作れる可能性もあります。

1回の合コンで諦めずに、せっかくのチャンスを後に繋がるように意識してみましょう。

また他の友人などにも合コンをセッティングしてもらうのも良いかもしれませんね。

チェックポイント

ただし合コンは、参加者全員の日程調整も必要になるため、毎日のように出来るものではありません。なるべく早くパートナーを見つけたい方は、合コンと並行して、街コンやマッチングアプリなどを利用していくことをおすすめします。

レン
レン

友人がセッティングしてくれる合コンは、友人と一緒に参加出来ることから安心感があって始めやすいです。

街コン

街コンは様々な場所で開催されており、開催日時も多いことから、自分の予定に合わせて気軽に参加をすることが出来ます。

街コンには、“平成生まれ限定”、“1人参加限定”、“1年以内に結婚相手を見つけたい方限定”、“30〜45歳の方”など色々な条件があります。

それに加え、“障害をお持ちの方&理解者限定”の街コンもあります。

数多くの参加プランがあるので、自分に合ったプランが見つかるはずです。

街コンでは大勢の方が参加されることから、出会えるチャンスもその分多くなります。

相手の方も出会いを求めて参加されているので、交際に繋がるケースも多いと言われています。

レン
レン

障害への理解をしてくれる方の参加は、非常に心強く感じますよね。

マッチングアプリ

最近では、マッチングアプリの利用者数が急激に増えてきています。

少し前までは、あまり良いイメージがなかったマッチングアプリですが、CMなどでも紹介されるようになり、クリーンなイメージに移り変わりつつあります。

アプリから利用できるサービスが多いため、外での出会いを見つけるよりもはるかに出会いの確率が多いのも特徴です。

マッチングアプリの多くは女性が完全無料、男性が一部有料(相場3,000〜4,000円/月)といったシステムになっています。

合コンや街コンでは、その場にいた人の中でも交流を持てた人のみとの関わりになってしまいますが、マッチングアプリの場合は数万人もの中から相手を探すことが出来ます。

人混みが苦手、大きな音が怖いなど周囲の刺激に敏感な方は、外での出会い探しよりも、マッチングアプリを利用するのも良いでしょう。

チェックポイント

最近のマッチングアプリは、運営側が24時間365日の監視体制をとっていたり、登録時には身分証明書が必要であるなど、安全対策を強化しています。

安全なのが1番ですから、安心して利用出来て実際に出会いやすいと言われているマッチングアプリを、まずは試してみても良いかもしれません。

レン
レン

障害者の方達の出会いの手段第1位はマッチングアプリと言われています。

障害者にオススメのマッチングアプリはこちらです。

達障害者におすすめのマッチングアプリ3選|自分に合うマッチングアプリが見つかります。

結婚相談所

合コンや街コンでは、「緊張してなかなか積極的にいけない…」「大勢が苦手」といった方は参加することに抵抗を感じてしまいますよね。

そんな時、結婚相談所の利用を検討される方も多いと思います。

しかし一般の結婚相談所では、障害者の入会を断るケースもあるようです。

それでは、障害を抱えている方は結婚相談所を利用することはできないのかというと、そうではありません。

障害者の方のみが利用することが出来る、障害者専門結婚相談所というものがあります。

予め参加者全員が障害を持っていることを理解した上での入会となるので、“お互いに理解しやすい”という点で、結びつきやすいことが最大の魅力となっています。

初めから“自分には障害がある”といったことを相手の方が知っていることは、少なからず安心してお見合いができるのではないでしょうか。

チェックポイント

結婚相談所では“結婚したい”という強い結婚願望を持った人たちが集まっているため、結婚を前提にお付き合いが始まるパターンが基本となります。

早く結婚をしたいという方には、障害者専門結婚相談所への入会もおすすめです。

レン
レン

結婚願望が強い方たちが集まっているので、相性が合えば結婚までスムーズに進んでいくケースが多いでしょう。

個別の恋愛相談はこちら(無料)
個別の恋愛相談はこちら(無料)