婚活 PR

アスペルガーが好きになるタイプは恋愛傾向で分かる_おすすめの出会いを紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アスペルガーが好きになるタイプを知りたくありませんか?

アスペルガーの恋愛は難しいです。ただ恋愛傾向から好きになるタイプを知ることで恋愛の成功率は上がります。

今回はアスペルガーが好きになるタイプと恋愛傾向を解説します。

ハットリ
ハットリ

1人で自分の恋愛傾向や理想のパートナー像を知るのは難しいでしょう..ツヴァイが無料で行っている「理想のお相手診断」ならたった2分の申込で実際の会員データから理想のパートナー像が分かります!

  • 実際の会員データから無料で自分にピッタリの相手が分かります。
  • ツヴァイへの入会不要
  • 仮に無料診断を利用しても、しつこい勧誘はありません
  • 理想のパートナー像を知ると今後の婚活に有利になる。
無料のパーソナル診断では2分で理想のパートナーが分かります。

パーソナル診断をしないまま結婚相談所を検討すると自分にとって理想の相手が分からないまま婚活を始める事になります。

デメリット
  • 婚活期間が長くなり婚活費用が増えてしまう
  • 自分にアンマッチな人と出会い時間を無駄にする

アスペルガーの恋愛傾向

アスペルガー症候群は、発達障害の1つです。アスペルガー症候群に加え、自閉症スペクトラム・高機能自閉症などとまとめASDと言われることもあります。

アスペルガーの主な特徴としては、「コミュニケーションの障害」「対人関係の障害」「限定された物事へのこだわりや興味」の3つがあります。

会話において空気を読むことが難しくコミュニケーションをとることが苦手だったり、興味や行動が偏っていたりという傾向があり、対人関係の中でも特に複雑な恋愛においても、これらの特徴が影響することが多いです。具体的にはどのような傾向があるのかをご紹介します。

依存性が強い

アスペルガーの方は、依存症になる傾向があるといわれています。これはある一定の規則性のあるものにのめり込みやすく、こだわりが強いといった特性とつながっています。

恋愛においても自分の気持ちやこだわりが先走り、相手の気持ちを考慮して行動するということも苦手なために、相手を過度に束縛してしまいます。また独特な感覚を持つことの多いアスペルガーの方は、受け入れられなかったことが多かったのにこの人は受け入れてくれると一度感じると、認めてもらえた、この人特別な存在だ、という気持ちになり、依存や執着に結びついてしまいます。

こだわりが強い

アスペルガーの方は、持ち物や食べ物、生活習慣といった行動について、強いこだわりを持つ傾向にあります。自分が興味を持ったものへは時間を忘れ没頭する、日常生活の行動パターンが自分の決めたルールに則ってルーティン化されている、などの傾向があります。

このこだわりや自分のルールから外れた出来事があるとパニックを起こしてしまうこともあり、柔軟性のある行動が苦手です。デートの際にも、スケジュールが変更になったり、自分が興味の無いことへの行動が苦手です。

ASDが好きになるタイプ3選

ASD(アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム・高機能自閉症など)の方は、特性に傾向が出るように、好きになるタイプにも傾向が出やすいです。どのような傾向があるのかをご紹介します。

会話が得意な人

ASDの方は、人とのコミュニケーションが苦手な傾向にあります。

そのため、相手もコミュニケーションが苦手なタイプだとトラブルが起きやすくなってしまいます。会話において、相手の興味関心に合わせて話題を振ってくれる、興味を持って相槌を打ってくれる、など会話が得意な人とであれば、自然と会話が盛り上がり距離を縮めることができます。また同じ趣味を持った人であれば、より会話は弾みやすくなります。

過干渉でない人

ASDの方は、自分の持ち物や生活習慣に自分のルールを持っている場合が多いです。そのため、自分のルールを侵害してこない人、受け入れてくれる人との方が相性は良いです。

デートにおいても食事や行き先など、計画したスケジュールへのこだわりが強い場合が多く、不測の事態に対してパニックを起こしてしまう場合があります。また興味のないことをするのは苦手なため、趣味に合わせてくれる、相手に合わせて柔軟に行動してくれる人であれば苦痛を感じることなく時間を共有することができます。

聞き上手な人

ASDの方は、会話においてもマイペースで、自分のことや興味関心のあることばかり話す等、一方通行のやり取りが多くなりがちです。そのため、「会話が得意な人」の特徴とも重なりますが、自分の話に対して興味を持って聞いてくれる人、相槌を打ち質問を投げかけてくれるような人とであれば楽しく会話をすることができます。

アスペルガーだと恋愛が上手くいかない理由

アスペルガーの方は、コミュニケーションが苦手だったり、ものや行動へのこだわりが強かったりと、その特性により恋愛でも困難を感じることが多いのではないでしょうか。そのように感じてしまう理由をご紹介します。

雑談が苦手でコミュニケーションが難しい

アスペルガーの方はコミュニケーションが苦手な傾向にあります。その中でも特に雑談においては、冗談が通じなかったり、言葉をそのまま受け取ってしまい相手が表現したいニュアンスを汲み取れなかったりと、スムーズにいかない場合があります。また共感を示すような発言も苦手なため、相手からするとズレた発言と見られてしまうことがあります。

このようなことから、アスペルガーの方が苦手とすることが、雑談の要素には多く含まれており、日常のコミュニケーションが上手くいかないといったことがあります。

雑談に苦手意識がある方は、同じ趣味を持った方など、共通点があると最初の会話がスムーズにいきやすくなります。

相手に依存してしまう

先程ご紹介したように、アスペルガーの方は依存しやすい特徴があります。

片思いでも相手の反応を伺うことなくアプローチを続けてしまい、それが行動に現れストーカーと思われてしまう、といったこともあります。

交際に至った場合でも、好きな人を独占したいといった気持ちが強くなってしまい、好きという気持ちに一直線になりすぎた結果、相手に過度に関わりを持ち束縛のような形になってしまうことも多いです。

気づかない内に相手にとって苦痛を与えてしまっている可能性もあるため、相手にも特性を理解してもらい、お互いの中でルールを決めるなど対策をすると、トラブルを回避することができます。また相手への依存や執着が、相手とは違った感覚であると気づくだけでも改善に繋がります。

アスペルガーにおすすめの出会い方

恋愛において困難を感じる場面も多いですが、自分の特性を理解し、相手にもそれを理解してもらえれば、良好な関係を築くことができます。その上で、実際にどのような出会い方があるのかをご紹介します。

マッチングアプリ

マッチングアプリは、出会い方の1つとしてかなり認知度も上がっています。そのため、アプリによっては登録者も多く、趣味や考え方の合う人、アスペルガーへ理解のある人といった、希望の条件で出会える人の数も多くなります。

また、マッチングアプリには恋活向けアプリと婚活向けアプリの大きく2種類があり、結婚を見据えた出会いや、より真剣な出会いを求めるのであれば、婚活向けアプリの活用もおすすめです。

マッチングアプリは家にいながら出会えること、実際に会うまでにメッセージを重ね、人柄を知ってから会えることもメリットとなります。

結婚相談所

結婚相談所とは、結婚を希望する独身男女に、出会いの場設定から交際までのサポートを一貫して行うサービスのことです。マッチングアプリと比較し費用は高額になりますが、結婚への本気度が高い方に出会うことができ、サポートも充実しています。

結婚相談所を利用する際は、入会時にアスペルガーであることを伝える必要があります。昨今では、発達障害や精神障害のある方をサポートする結婚相談所も増えており、利用しやすくなっています。

また結婚相談所では、サポートがつくため、自分の性格特性と合っている方を紹介してもらえたり、婚活においての相談をしながら進めることができます。異性とのやり取りに苦手意識がある方にもおすすめです。

ただ、入会時の審査はどこの結婚相談所も設けているため、審査が通らない可能性もあります。結婚相談所への利用に興味がある方は、無料相談を実施している所も多いため、一度相談してみるのもおすすめです。

個別の恋愛相談はこちら(無料)
個別の恋愛相談はこちら(無料)