婚活

【悲報】ASD男性の婚活は恋愛傾向を知らないと失敗する|モテる方法を教えます

たかしくん
たかしくん

恋愛がうまくいかない…これってもしかしてASDのせい?

今回はこんな悩みを解決します!

ASD男性は、恋愛傾向を知っておくことがモテる秘訣です。

レン
レン

恋愛をする上でのポイントを理解することで、相性のいい相手を探しやすくなります!

この記事ではASD男性の恋愛傾向婚活を成功させる方法について解説します。

本記事を読むことで、ASD男性の恋愛傾向を生かしたモテる方法がわかります。

恋愛に悩むASD男性はぜひ最後まで読んでください!!

レン
レン

1人で自分の恋愛傾向や理想のパートナー像を知るのは難しいでしょう…サンマリエが無料で行っている「理想のお相手診断」ならたった2分の申込で実際の会員データから理想のパートナー像が分かります!

  • 実際の会員データから無料で自分にピッタリのパートナー像が分かります。
  • 仮に診断を受けてもしつこい勧誘はなく、実際の入会不要
  • 店舗に来店すれば「理想のお相手診断」と合わせて「婚活のプロに恋愛や婚活のお悩み相談」ができます!
  • 理想のパートナー像を知ると今後の恋人探しや婚活で有利になります!
「理想のお相手診断」「来店相談」はサンマリエ公式サイトから申込できます!!

■障害者さんにおすすめの恋人ができるマッチングアプリ

  • 真剣な出会いを求める方が多く恋活/婚活として利用される
  • 16秒に1組マッチングして平均3ヶ月以内にカップルになる
  • 一部機能を除き男女共に無料
  • 障害者に理解のあるコミュニティがあるので発達障害者を理解してくれる恋人探しが見つかる。
  • 当サイトの人気No.1

発達障害者におすすめのマッチングアプリ3選|自分に合うマッチングアプリが見つかります。

ASD男性の恋愛傾向

ASD男性の恋愛傾向として、3点あります。

こちらの傾向は一見、ASDとして見ると弱点のように見えるかもしれません。

ですが、見方を変えれば他の男性には足らない武器となり得ますので、しっかり自分のものにしてしまいましょう!

刺激的な性格が魅力になる

・自分が正しいか間違っているか、に従って発言をする。

・暗黙のルールを理解できないため、場の空気を読んだ発言が苦手。

ASDの男性が社会人として生きる上で、刺激的な性格は大きな弱点と言えるかもしれません。

しかし、空気を読まない発言も自分の是非に従って発言をすることも、常に悪いことだけを招くとは限らないのです。

例えば空気を読まない発言は、「この人、次は何を言うの?」と相手の好奇心をくすぐれます。

また、自分の是非に従って発言することにより、「自分を持っていて格好良い」と女性に思われるでしょう。

空気を読まないというのは、基本的にはマイナスになり易い要素です。

ですが、女性の目には刺激的な性格に映ることもあるため、角度を変えれば素敵な魅力になり得ますね。

決断力がある

・特定のものや手順に強いこだわりを持つ。

・ルールややり方を守ることに、非常に特化している。

ASDの男性が社会人として生きる上で、融通が利かないと思われるのは大きな弱点と言えるかもしれません。

しかし言い換えれば、ルールやこだわりから逸脱しない限り、「こうだ!」と決断することが出来ますよね。

例えば恋人と毎日電話の連絡をするのは何時が良いか、といった話し合いをしたとします。

何時に連絡をする、とのルールが作られるとき、ASD男性はまず自分内のルールやこだわりと比較するでしょう。

その際、空いていれば問題はないと決断できますし、空いていなければはっきりと断りませんか?

可か不可かの決断がすぐに行なえるかどうかで、女性からの見る目は変わると言っても過言ではありません。

更にASD男性は決められたルールや行動を守る特徴があるため、女性も安心感を抱くことが出来るのです。

一途である

・自分の興味や関心を何よりも優先してしまう。

・興味のあることに没頭しすぎてしまう。

ASDの男性が社会人として生きる上で、周りが見えていないと思われるのは大きな弱点と言えるかもしれません。

しかし恋愛においては、好きになった人を一途に追いかけられることが出来ますよね。

他の女性には見向きもせず、恋人だけを一途に思うことは、交際する上で非常に大切です。

恋人を不安にさせないことができるASD男性は、交際の必須条件を満たしていると言っても良いでしょう。

ASD男性が婚活で失敗する理由

弱点を発想の転換で大きな武器にしましたが、ここではASD男性の弱点をしっかりと解析していきます。

自分がこのような傾向にある、と自覚するのとしないのでは雲泥の差ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

雑談が難しい

・自分の興味があることしか話ができない

・相手の気持ちを考えて話すことができない

ASD男性は、相手が今何を思いながら何を話しているのかを、頭の中で想像するのが苦手です。

例えば女性との食事中、女性側が「先日食べに行ったイタリアン」の話を持ち出してきたとします。

このとき、いくら退屈な話だとしても自分の興味がある話とすり替えたり、興味なさげに聞いていませんか?

女性は雑談で相手と感情を共有するのが好きな傾向にあるため、共感する様子が見られないと失敗します。

また、自分が話をする際は相手の反応をよく見ながら話をするのも大事です。

つまらなそうに相手が聞いているのか、それとも興味津々なのか。

しっかりと自分の目で見て、話題を続けるかどうかを考えられるようにしましょう。

相手に依存してしまう

・好きな人にのめり込み過ぎてしまう

・自分の世界に相手を取り込もうとする

ASD男性は、好きなことに没頭する傾向が強いため、相手に対して次第に独占欲が出てしまいます。

且つ自己肯定感が低い場合は不安になりやすく、束縛行為に繋がっていくのです。

結果、相手の女性はASD男性に対して重たさを感じ、徐々に離れて行ってしまいます。

依存は、好きな相手と交際に発展しているかどうかは関係ありません。

交際をしていない相手に対してものめり込み、上手くいっていようがなかろうが他を見る気がない。

だからそのまま、失敗していることにも気が付かずに婚活が難航するのです。

ASD男性が婚活を成功させる方法

雑談をするのが苦手、好きな相手にのめり込み過ぎる弱点のあるASD男性。

結婚相手を見つけるためにはどうしたら良いのか、を紹介していきます!

マッチングアプリを使ってたくさんの女性にアプローチして相性のいい人を見つける。

マッチングアプリはその名の通り、自分とマッチする人を引き合わせてくれるツールです。

自分の興味ある話題に食いつく女性や、自分が興味ある話題を提供してくれる女性に出会える可能性も非常に高いでしょう。

自分と合う女性を探すのはツールに任せられますし、使わない手はありません。

しかし、ASD男性に必要なのは、対人スキルを鍛えることです。

・相手の話に興味を持って相槌を打つ。

・自分の話したい話題を抑えて、相手の話をしっかり聞く。

・今は相手が何について話しているのか、理解する。

・自分が伝えたいことを、相手に分かりやすく説明する。

などでしょうか。

上記は数をこなさずには育たないため、まずは好みの相手を探す前に沢山の女性と話すことをオススメします。

初めの頃は会話が上手くいかず、失敗することもあるかもしれません。

やらなきゃ良かった、などと思う時もあるかもしれません。

けれども、失敗をして学ばないと人は前に進めず成長しないのです。

怖くても挑戦し続ければ、努力が相性の良い人と自分を引き合わせてくれます。

結婚相談所を利用してコンサルタントと二人三脚で進める(ASDが苦手なコミュニケーションをサポートしてもらう)

第三者からアドバイスを貰いながら、的確に婚活を進める方法も視野に入れておきましょう。

結婚相談所ならばアプリと違って、沢山の女性と話をして対人スキルを磨く必要がありません。

少々お金がかかりますが、入会すれば婚活のプロがマッチする女性を探してくれるのはもちろんのこと。

その女性に対してのアプローチ方法の教授、現状や今後の見通しを客観的に判断するなどもしてくれます。

交際に発展した後も、成婚するまではASD男性をサポートしてくれるので、安心して婚活が進められますね。

個別の恋愛相談はこちら(無料)
個別の恋愛相談はこちら(無料)